2008年10月12日日曜日

模擬裁判に出てみました。




はい、もうすぐ裁判員制度が始まるってんで、
法の日イベントに続いて模擬裁判に出てみましたので、ザッとダイジェストを。





模擬裁判1





















(演じるのは街の商店街の旦那衆…ではなく、裁判官、弁護士、検事のみなさん。
裁判長役は酒屋のおっちゃん…ではなく、日弁連の会長さん(!))



【事件のあらすじ】


被告「茂手津 貢」氏は馴染みのキャバクラ「サイバンガールズ」で
お気に入りキャバ嬢「木屋場 樹理亜」嬢が他のイケメンにチヤホヤしているのに激怒、
以前からストーキングして知っていた木屋場さんの家に行き、
口論の末に逆上して台所のナイフで刺した



【争点】


殺人未遂罪か、傷害罪か


・殺人未遂・・・殺す気だったのに、相手が死ななかった

・傷害・・・殺そうとまでは思っていない



【それぞれの主張】



茂手津氏:「いやいや、もみ合ってる内に刺さっちゃっただけで、殺す気なんかないですよ、
       木屋場さんがナイフを引っ張るからで、お互い愛し合ってましたから、
       そもそも彼女とは婚約してて、婚約指輪だって受け取ってくれたはずなのに…(;´Д`) 」


・・・刺した傷の深さは刃渡り13.5cmのナイフのうち13cm、
  心臓の少し下にまっすぐ刺さってギリギリ死ななかったが全治2ヵ月、そもそもストーカー
  駆けつけたお隣に住む音成氏に言われ、自分で救急車を呼ぶ



木屋場氏:「え~、お店ではセールストークでチヤホヤしてただけでぇ、
       ホレてるとか超あり得ないから~ あんたバカじゃねぇの~wwwって言ったら
       『死ぃねぇぇ~!!』っていきなり胸めがけてナイフ刺されて~チョベリバ~(・ε・)」


・・・茂手津氏から慰謝料300万を受け取り
  以前にも別トラブルで他の男性から500万を吸い上げている

  「あなたと結婚できる人は幸せだわ~」と言い、茂手津氏から婚約指輪を受け取っている



音成氏:「隣の部屋で大騒ぎしてるんで、見に行ったら茂手津氏が刺してましたね、
     胸にまっすぐナイフ刺して。ありゃ絶対殺す気満々でしたよ」


・・・実際には犯行をチラッと見ただけっぽい(見えない位置からの証言)

  サイバンガールズに30回ほど通い、お気に入りは木屋場嬢

  「木屋場嬢は絶対俺にホレてますね、うん ( ´ ii ` )」←かなり貢いでる





【判決】





模擬裁判2





















さぁ、みんなの挙手で、多数決による結果が出ましたよ。


イッツ民主主義。


判決は傷害罪で懲役3年、執行猶予3年。



要するに、「あと3年様子を見て、悪さしなければ許してやってもいいじゃないか」

という人が一番多かった、という事です。

…木屋場嬢の性悪っぷりが凄かったもんなぁ...( = =) トオイメ





ちなみに俺は少数派、殺人未遂の実刑と見ました。


なにせ茂手津氏、木屋場氏、音成氏、検事さんも弁護士さんも
みんな自分に都合良い事しか言わないんで、あまり当てにしない事にしました。


で、



・厳然たる事実「刃渡り13.5cmのナイフを胸に13cm刺した」
この深さ、位置は結構明確な意志がないと、間違いでは絶対刺さらないだろうという事


・明らかに相手が死ぬかもしれないような傷を負わせても傷害罪で済むってぇと、
「なんだ、相手が死ななきゃ傷害罪、うまく行きゃ執行猶予で済むんだ」と思う奴が
 この後ゾロゾロ出るとまずかろう、殺人未遂という罪状の存在意味がわからなくなる、という事



理由は大体、上記2点から。


まぁ、どんな理由があるにせよ、カッとなってナイフを振り回すような人は
刑務所でしばらく頭を冷やしたほうが良かろう、です。


それと共に木屋場嬢も、曲がった性根が治るまで
保護司さんの元でしいたけ栽培させるのが良かろうと思いました。





【問題点】



模擬裁判で思った裁判員制度の問題点ですが。
もうなんと言っても



・演技力の高い人が圧倒的有利



これに尽きると思います。あるいはルックスも。



例えば、ん~、今回の件と同じ事例があったとして、被告に
ハンニバルレクターだとかバットマンのジョーカー、あるいは俺なんかを思い浮かべて下さい。


その人が「いやいや、もみ合ってたらウッカリ刺さっちゃっただけで、ゲヘヘ」と言ったら。



・・・・・・すんげえうさん臭いと思いますよね。



逆に、ん~、エビちゃんやガッキー、温水さんだとか、あるいはあなたの大好きな人が
「もみ合ってたら刺さっちゃって、刺す気なんか無かったのに(ノД`)シクシク」と泣きながら訴えたら、



・・・・・・うんうん、そうだろうそうだろう、と思いますよね。



事実以外の部分によって罪の軽重が変わるのはまずいっすよね。



それから、日本人の美点「判官びいき」も
裁判の中立、公平さという部分においては悪く影響する気が・・・・・・。



ともかく、今回は模擬裁判だったけど、もし実際の裁判に裁判員として呼ばれたら、
犯行を全く見ていない俺が、検事さんと弁護士さん、口の上手い方に乗って他人様を裁き、
それによって他人様の人生の何分の一かが左右されるわけで。



これは本当に、本当に気が重いです。ほんと無理。



ひたすら俺に当たらんよう祈ってます。





2008年10月6日月曜日

法務省の祭りだワッショイ!!




さて、10/1から1週間は皆様ご存知、法の日週間ですけれども、
法務省でも「赤れんがまつり~みんなで奏でる司法のハーモニー~」という
文化祭っぽいイベントをやってたので、ちょっくら行ってみました。





法務省
法務省 posted by (C)りうです



・・・怪奇・薄曇り男の本領発揮、今回の写真もまた薄暗い・・・_| ̄|○


こういう美しい建物は、ドカーンと快晴の下で撮りたいもんです・・・。


でも、中のお祭りは雲を吹き飛ばす勢いで充実していましたよ!!





検察の取調室
検察の取調室 posted by (C)りうです



これね、検察の、本物の取調室をそのまま持ってきたそうです。


太陽にほえろみたくボロ机とライトだけかと思ったら、意外とハイカラなのね。


実は検察って、警察と違って「取調室」が無いそうなんです。

なので、仕事をしている部屋に、続々と容疑者が入ってくるらしいです。



・・・マジかい・・・(-"-;A



一応、隣にお巡りさんがひっついてるらしいですけど、
モンモンがビッシリ入っちゃってるような「その筋の人」とか、
オクスリやり過ぎの人が入ってくる合間に仕事…



うへぇ、俺には検察の仕事はちょっと無理かなぁ(((((((;´д`)))))))ガタガタ





昔のタイプライター
昔のタイプライター posted by (C)りうです



これはね、昔のタイプライターだそうです。


昭和の頃は、土地の登記をするのに、こういうのを使ってたらしいですよ。


英語なら文字数が決まってるからいいけど、日本語は漢字のせいで、文字がやたら多い。


で、写真中央部の四角いのが、全部文字のハンコになってて、打ちたい文字を探し、
右上のレバーを動かして文字の上に持っていき、レバーをガチョン!と押すと
文字のハンコが持ち上げられ、ローラー部にある紙にペタン、と押されるわけですね。



イッツ職人芸。



俺もやらせてもらいました。


俺は破壊王なので壊さないように、ってそっと押したら、なかなかうまく印字できないし
実際には文字を探すのもえらい事なんだろうけど、
でもね、なんかね、やたら楽しいんですよ、これ。


ガチョン!!ってやるのが、うん。癖になりそうだよ。





裁判員制度推進キャラ
裁判員制度推進キャラ posted by (C)りうです



おお、巷で噂のサイバンインコが(;゚Д゚)!!



サイバンインコって、実は福岡の検察のキャラなんですね、
都道府県毎にそれぞれ違うキャラがいました。


各キャラのプロフィール、バックストーリーなどが色々あって、
なんというか、各検察さんの苦労がしのばれます。


個人的には、茨城のわらなっちゃんとみつくに君に涙が止まりませんでした。



あと、テレくさいから写真は載せないけど
法衣を着せてもらって、実際の裁判官の椅子に座って
記念撮影をしてもらいました。


写真には、女の子を全員無罪にしちゃいそうなりうです裁判官のダメっぽい姿が。



それから、入管の人に偽造パスポートの見分け方も教えてもらいましたぞ!!


これでいつでもどこでも、偽造パスポートを見抜けるぜm9(・∀・)ドーン!!





法務省の中1
法務省の中1 posted by (C)りうです





法務省の中2
法務省の中2 posted by (C)りうです



上2枚はそれぞれ、法務省の赤れんが棟内部。


素晴らしい!!素晴らしい!!


歴史と風格を感じさせるのに、まるで最近建てたかのようなチリ一つ無い清潔感。
ドレスの貴婦人がダンスパーティーやってそうな重厚感、本当に素敵でしたよ(´▽`)♪



…法務省って、法を司ってる所だから、てっきり
「おぅおぅおぅ、桜田門でい!!神妙に縛につきやがれぃ( ̄ε=‥=з ̄) !!」調の
ゴリラっぽいお代官みたいな人ばっかりかと思ったら全然逆で、
うーん、俺のイメージでは大学に近いかな、知性を感じさせる人達の集まりでしたね、うん。



みんな俺のアホな質問にも懇切丁寧ニコニコと感じ良く答えてくれるんで、非常に楽しかったです。



イベントも一日中目白押し、朝一で行くと刑務所のクサい飯を食べられたり…



…あぁ、全然関係ないんだけど、クサい飯と言えば以前、
梅干し屋さんの引越しを手伝った時、お土産に横浜刑務所で食べられてる梅干しを
お土産に貰ったんですけど、これが最近のにしては珍しく、口が曲がるほどメチャ酸っぱくて、
まぁご飯が何杯も進んじゃうほど美味いんだ!!絶品です!!


現代のマイルドな梅干しが物足りない人は、横浜刑務所に入るといいと思います。



…ともかく、ヤンチャやってた子どもらが一生懸命育てたしいたけを焼いて配ってたり、
音楽隊のコンサートだとか、検事総長と語ろう会(!)だとか、
これは別ネタにしますけど模擬裁判をやったりだとか、想像以上にボリューム感のあるイベント、
これ、おすすめです。