2009年11月1日日曜日

真実を知る事が必ずしも幸福に繋がる訳ではない、そして僕はまた一つ大人になる、という話









ギザ10には、11円ぐらいの価値しか無いらしい。










ハッピーギザ10
「ハッピーギザ10」







うおおおおぉぉぉぉぉおおおぉぉぉおぉぉ~~~~。・゚゚・o(iДi)o・゚゚・。!!!!!





価値ないのかこれ~~~~。。゛(ノ><)ゝ





もう、何年・・・20年以上かな?



チマチマ、チマチマと、五右衛門の貯金箱に集め・・・続けて・・・



・・・・・・ちくしょう・・・・・・



ちくしょおおおぉぉぉぉおおおおおおおおおおおぉぉぉおぉ~~~~。・゜・(/Д`)・゜・。





最初に「ギザ10はレアだから高いんだぜっ!!」って言った奴、
アルバトロス殺法の刑な!!











ちなみに我がギザ10の内訳。



昭和26年・・・6枚

昭和27年・・・17枚

昭和28年・・・15枚

昭和29年・・・19枚

昭和30年・・・7枚

昭和33年・・・1枚



なんだろう、昭和31、32年が全然無いんだねぇ。33年も1枚だけ。



ん~と…昭和31、32年ってぇと…日本は朝鮮特需を受けた後の、神武景気の時かな。


「もはや戦後ではない」と言っちゃうぐらいの好景気だったらしいから、
もう、10円なんて細かいお金を新たに生産する必要は無いかもしれない、と思ってたのかも(^^)





新大陸のイベントは果たして実在するのか!?




この時期・・・いつだかは知らんのだけれども、
「ハロウイーン」という行事があるらしい。



なんか、子どもの集団がコスプレをして、


「お菓子をくれなければ、家の周囲にブービートラップを仕掛ける」


的な事を、言うらしい。


小さい頃から、自分の欲望のために他人を恫喝するとは!!

そのまま大人になったら、あぁ末恐ろしい!!

曲がった性根が直るまで、木の棒で打ち据えてやるっ!!



と思ってたんだけど、いろんな人が



「子どもにお菓子をあげるのが主目的のイベントで、単なる定型文であるから
木の棒で打ち据えてはいけないのだ」



というような事を言うし、出勤前、家を出たら竹やりギッシリの落とし穴があったり
それを回避したらワイヤーに引っかかってクレイモアが炸裂、とか
朝っぱらから解除するのは面倒くさいので、毎年、ハッピーターンとか、ぽたぽた焼とか、
まがりせんべいとか、うす焼とかを買ってきて待ってるのに、誰も来ない。





なんだよう・・・せっかく待ってるのによう(´・ω・`)





今まで、一人も来た事が無い。


コスプレした子が歩いてるのも、見た事がない。


・・・本当に、ハロウイーンというイベントは実在するのか?