2010年6月15日火曜日

タイムマシンにお願い




もしもタイムマシンがあったなら。



みなさんは、どんな時代に行ってみたいですか?



戦国時代や幕末に行って、好きな人物に会ったり、
あるいは生きている恐竜を見に行きたい方も多いかな?


全てが華やかで伸びやかだったバブル時代へ再度戻りたい、と願う人も多いかも。



もしもタイムマシンがあったなら。



俺は、昨日の夜に戻りたい。



テレビのリモコンが、どっかに行っちゃってよぅ(´・ω・`)





昨日の夜は、確かにあったんですよ。


だって、すぽると見てて、


「…マギーは本当に手足が細いなぁ。
 あんなに細くて、いざという時、しっかりした受け身が取れるのかなぁ…」


と、心配してたんだから。



それにしても。


タイムトラベルってのは、いくら考えても、よくわかりませんね。



例えば、今日の俺が昨日の俺に会って、


「テレビのリモコンは、ちゃんといつもの所に置かないといかんのだヽ(`Д´)ノ!!」


と、説教するでしょ。


すると、昨日の俺は、テレビのリモコンをいつもの所に置くじゃないですか。



そうすると、テレビのリモコンは無くならない。


なのでリモコンを無くさなかった昨日の俺から続く今日の俺は、
昨日の俺に会いに行って、説教するという事がなくなるわけだ。



で、今日の俺が説教しに行かないとすれば、
昨日の俺は誰からも説教されないから、やっぱりテレビのリモコンを、どこかに無くしてしまう。


・・・言いたいこと、わかります?

この、タイムトラベルが可能だった場合のパラドックス。





でも、まぁ、1つの時間の流れの中でタイムトラベルを可能とすれば
上記の矛盾に整合性のある理論が出せないから
どうしても破綻するだろうと思うんですけれども、

今、不可逆な一方向に時間が進んでいる統一された三次元空間があるだけ、
と思っているこの世界について、あるいは、気付いていない、観測できないだけで
別の行動を起こした場合の世界が、
同じ時間の流れで並行に、無限に、存在しているのかもしれないですよね。


タイムマシンがあった場合の世界、
タイムマシンで昨日の俺に会いに行った今日の俺がいる世界、
説教されて、リモコンを無くさなかった今日の俺がいる世界、
リモコンを無くさず、タイムマシンに乗らなかった今日の俺がいる世界・・・・・・



それぞれの場合の世界が無限にあって、並行して進んでいるならば、破綻しないのかもしれない。



とすれば、信長が天下を獲った世界も隣にあるのかもしれないし、
恐竜が滅びなかった世界も、存在しているのかもしれない。



俺が、みなさんに会わなかった世界や、俺が存在しない世界も、たくさんあるのかもしれない。



ともかく、130億光年先の様子まで観測できるようになった現代でさえ
これだけ広い宇宙の中、唯一生命体の存在しているこんな小さい星に人間として生まれ、
ネットのできる時代、ネットのできる環境で、みなさんと出会えたという、
この素晴らしい奇跡の世界に乾杯しようではありませんか( ̄∇ ̄+) キラキラキラ~♪




あー。



そんな事より、ほんとテレビのリモコンどこ行ったんだろな。



ぐぬぬぅ。