2012年5月7日月曜日

ワイドサイズの壁紙どうぞ & REGZA PC感想文




パソコンを買い替え、モニターがワイド画面になったので、
とりあえず手持ちの写真から、ワイド画面用の壁紙を、自分用に、適当に作りました。


せっかくなので、フォト蔵というサイトに置いておきますから、
良かったら、ご自分のPCに保存して、ご自由にお使いくださいね。
(サイズはすべて1920×1080ピクセルです)



【画像を自分のパソコンに保存する方法】


下に表示されている、好きな画像をクリック

フォト蔵のサイトに移動するので、画像をもう一度クリック

画像右上の「元画像」をクリック

大きい画像が出るので、画像上にカーソルを合わせ右クリック

「名前をつけて保存」で、ご自分のパソコンの好きな所に保存



【自分のパソコンに保存してある画像を壁紙にする方法】


画面左下にあるスタートボタン(4色の旗のような絵が描いてある丸いボタン)をクリック

「コントロールパネル」をクリック

「デスクトップのカスタマイズ」の中にある「デスクトップの背景の変更」をクリック

画像が保存してある場所を指定し、チェックを入れたら「変更の保存」をクリック





カピバラの壁紙 1920×1080
カピバラの壁紙 1920×1080 posted by (C)りうです





船(にっぽん丸)の壁紙 1920×1080
船(にっぽん丸)の壁紙 1920×1080 posted by (C)りうです





ヤギの壁紙 1920×1080
ヤギの壁紙 1920×1080 posted by (C)りうです





猫の壁紙 1920×1080
猫の壁紙 1920×1080 posted by (C)りうです





横浜の夜景の壁紙 1920×1080
横浜の夜景の壁紙 1920×1080 posted by (C)りうです












買い替えた東芝のパソコン「REGZA PC(D731/T7)」についても
感想文を少し書いておこうかな。


東芝のパソコンをいじるのは、パソピア7以来。
あれは今思い出しても、良い「マイコン」だったと思います。
アルフォスやドアドアなんて、今やっても面白いんじゃないかなぁ。
マリちゃん危機一髪、久しぶりにやりたいなぁ…。


なにせ、今まで使っていた「安さだけがとりえ」という某ショップ製激安パソコンが
あっという間に新時代のシステムについていけなくなったので
今回は同じ轍を踏まぬよう、スペックを徹底的に調べ上げ
ベンチマークもスコアも執拗に見比べた上で


「現時点で、最上位ノートPCと同じCPU性能にRAMも8MBで余裕タップリ、
モニターもついてきてTVも見られるしテレビ番組もブルーレイとやらで録画できるらしいし
どう考えてもREGZA PCはやたらと割安である」


という結論に達したんですが。



実物を見ない、ネット通販というものは恐ろしい。


たった一つ、見忘れた項目がありまして。


それはモニターのサイズ。


せっかくだから、記念撮影した机上の写真を晒しておこう。





うちの昔のデスクトップの写真
「デスクトップ」
(商品に自爆スイッチ等は含まれません)



…たぶん、伝わらないと思うんですが。



やたらデケぇ。



なんと、23インチもあるそうで(゚Д゚;)


23インチのカピバラ背景は、大迫力でございます。



いやぁ、俺は11万円ちょっとで購入したんですが。

これって、パピコンよりはちょっと高いけど、
パソピア7とほぼ同じ値段で、FM-7よりちょっと安いし
なんとPC-8801mk2SRの半値ぐらいじゃないですか。


それにテレビだのビデオだのが更にプラスされている「一体型家電」なのだから、
価格からして、大体ラテカセとかファミコンテレビC1みたいな
14型テレビぐらいの大きさに決まってるだろう、と思い込んでいたんですが。


まさかこんなブルジョワジー向け巨大高級薄型テレビが
ドナドナと送られてこようとは…。


我がボロアパートで、この空間だけが不自然な高級感に満ち溢れ
遠近感も明らかにおかしいです。


次はお店で現物を確認して、もっと見た目がヘボいのを買うように気をつけよう。
うっかりうっかり。







良い点は…


や、画面もすこぶる綺麗だし、良い点ばっかりなんだけども、
特に性能に関しては、やっぱり想像以上に高性能で、頭の回転がものすごく速い子です。


起動してから、起動後の「考え込む時間」がほとんどなく
あっという間にすぐ使えます。


前のPCで「SILKYPIX Developer Studio 4.0」という写真現像ソフトを使っていた時は
RAWデータを表示したり編集したりするたび
トットットットッ…、とワンステップ毎にジワジワ考えていたのに、
今度のREGZA PCで「SILKYPIX Developer Studio Pro5」という
上位ソフトを使ってみたら、起動するのも一瞬だし、
巨大なRAWデータの表示や編集が、ガカッ!!ガカッ!!と一瞬で終わるのです!!


この現像ソフトに限らず、何をやらせてみても、全然考え込まず
一瞬でお仕事を終わらせるのです!!


これが、超!!エクスタシー!!なのでございます!!(人´∀`).☆.。.:*・゚


それから、起動中にファンの音が全く聞こえない…
冷却性能が心配になるぐらい静かです。
こんなに静かなマシンなんて、何年ぶりだろう…。


あと、どうでも良い事かもしれんけど、
REGZA PC固有なのか、それとも東芝のキャラクターかわからないけれど、
「ぱらちゃん」という、人面瘡の発生した塩大福のような何かが
とてもキュートで可愛いです。

ぱらちゃんのソフトを起動させ、クリックすると
どんどんどんどん分裂・増殖していきます。ぎざかわゆす。

(…そういえば、更にどうでもいい事だけど、
パソピア7の宣伝キャラクターは横山やすし・木村一八父子、
FM-7はタモさん、パピコンとPC8801Mk2SRは武田鉄矢でした。

どうしてあの頃のマイコンは、
濃厚なおっさんを好んでイメージキャラクターに起用したがったんだろう..( - -))







悪い点は…なんだろな…


う~ん、例えば録画機能関係のダメっぷりかな…

番組表がやたら見辛い、録画を開始する時・停止する時の煮え切らない反応、
録画中の番組が見られない等々
まだまだソフトの改善の余地が多分にあると思います。


まぁ、でも、うちでは、15年以上前に壊れたVHSのビデオデッキ以来
超久しぶりにTV番組の録画ができるようになったので、
これはもう、「録画できる」、ただその機能だけで、実は御の字なんですけれども。


それから…エンターキーが妙に小さく、キーが寄り過ぎているせいかなぁ…
誤射が頻発するキーボードや安っぽいマウスのイモっぷりも、
ちょっとなんだかなぁ、と思います。


まぁ、これは俺がダイヤテック(FILCO)のMajestouch 2キーボードと
ロジクールのパフォーマンスマウスM950という名品を以前から使っており、
あまりに落差が大きすぎたので気になっただけかもしれません。


でも、前述のPC-88シリーズにしろ、(今は知らんけど)一昔前のVAIOシリーズにしろ
それぞれの時代で人気の高いPCって、
キーボードも入力しやすかった、という印象があるので、
触る部分についてはもう少し頑張って欲しいなぁ、と個人的には思います。


…などと、強引に粗を探せば、そりゃいくつかあるんですが。


それでも、やっぱり、価格と性能を比較すれば、
「どう考えてもREGZA PCは、現時点でやたらと割安である」と思います。


これに限らず、よそのPCでもそうだけど
こんなに手の込んだ高級電化製品をこんな価格帯で売っちゃったら、
日本の家電メーカーは、そりゃあ、儲けなんて出るわけがないですよねぇ..( - -)



…ああ、昔のパソコンの話してたら、なんだか懐かしくなってきた!!


うーん、久しぶりに、ベーマガやポプコムを買ってきて
みんなが作ったゲームプログラムを入力して、遊ばせてもらおうかな(^^)