2016年4月19日火曜日

日記。




 熊本の執拗な連続地震があまりに酷すぎる。


東日本大震災の時、俺は震度5だかであんなに怖い思いをして、もう嫌だと思ったのに
熊本は震度6と7に何度も襲われ、震度3.4.5に至っては未だ全く収まる気配もなく
いつまでも延々と繰り返されている。


いくらなんでも、ありゃあねえだろう。あんまりだよなぁ。


熊本城だって、単なる城好きの俺が映像見ただけでこんなにショック受けるんだから
地元の人達は、応えるだろうなぁ。

どんな時でも、そこにあって当たり前の光景、というのは、意識する、しないに関わらず
日々暮らして行く中で、心の支えになっていたりするものなんだよなぁ。


かつて阪神淡路大震災の時、倒壊してしまった高速道路の高架や建物をニュースで見て
あまりの惨状に、まるで怪獣映画の特撮シーンを見ているような空虚な現実感の無さと共に
「さすがにこれだけひどい災害は、もう生きている内には巡り合わないだろう」とも思っていたけど、
結局その後も新潟中越地震が来て、東日本大震災が来て、今回の熊本が来て、
地震以外の災害も含めて海外まで目を向ければ、地域を丸ごと絶望に追い込むような天災は
絶えることなく人々を襲い続けている。


地球は動き続ける膨大なエネルギーの塊なわけで、今の所地球の外殻にへばりついて
日々必死に暮らすしかない人類は、エネルギーの発現たるそれら災害を
理解して、予想して、対応するしかない、
と、理論上はわかっちゃいるんだけど、それにしても、ひでえよなぁ。


宇宙から見た映像では青い海に満たされ、とても静かで穏やかな印象のある地球だけど
やはりこういう災害が発生する度、地球を立体物として中心部までイメージすると
ほんの数十~百kmも地中を縦に掘り進めばそこは1000℃を優に超える灼熱のマントルが渦巻く
ほとんどが巨大なエネルギーの塊なのだという事、
人類を含め、生物はそれらエネルギーの外側にある、ほんの薄いカラの上で
日々過ごしているのだ、という事を痛感させられる。







ここからは個人的な昔話、地震ではなく火山の話だし、
もう数年前にお亡くなりになられてしまったんだけど、
以前、日本で最も火山に詳しい方に、ほんの少しだけ、勉強を教わった事がある。


その方は・・・・・・どこだったかな・・・・・・有珠山だか十勝岳か・・・・・・忘れたけど、とにかく
どこかの火山がもうすぐ噴火しそうだ、という情報を得て大慌てで駆けつけたら
丁度目の前で大噴火に遭遇、噴煙に囲まれて視界ゼロだわ岩石はボンボン飛んでくるわで
危うく死ぬ所だった、と目キラキラ、お肌ツヤツヤでお話されるような
人生を火山の研究に捧げられた方だったんだけれども、

(※↑いわゆるマグマが爆発するタイプの噴火の場合、山がプクーッと膨張し始めるので
山体の変化を注視していれば、それなりに事前の警戒をしやすいらしいです)

そういう筋金入りの専門家の方でさえ


「何十年、どれだけ研究を続けてみても、火山がいつ噴火するかなんて、全く予測できない」


そして


「だから、いつ噴火してもおかしくない、次の瞬間に災害が起きるかもしれない、と
想像して、心の備えをしておくのが大切だよ」


というような事を仰られていた。


土壌や地質学の先生達もやはり「地震の予測は現状ではまず無理」、そして
「天災は忘れた頃にやってくる」という寺田虎彦さんの言葉を引用し


だから「災害はいつ起きても不思議ではないものとして心構えをしておいた方がいいよ」


と仰られていた。








地球が誕生してから今日まで約46億年の間、あらゆる自然がずっと変化し続けているのに対し
例えば日本で気象庁の前身、東京気象台が気象と地震の観測を始めたのは
1875年、今からたった141年前だそうだ。

地球の歴史に比べれば、人類は、まだまだデータを積み重ね始めたばかり、というところ。


もっともっとテクノロジーが発達して、例えば断層に不自然に溜まったエネルギー量を測定
できるようになったり、マントルのエネルギーや熱量の変化を観測できるようになる日が来るまで
人類ができる事は日々データを黙々と積み重ねて、少しずつ、少しずつ、
「今まで重ねたデータと経験から、こうなる可能性が高い」という予測の精度を高めていく、
それしかないんだろう。


そして、起きた事を記録・記憶する、人類全体で情報を共有する、非常時を想像し備える、
といった程度の何の変哲もない事しか思いつかないけれど、
平穏で幸福な時にはおろそかになりがちな事をなるべくおろそかにしないという事、
でも、恐らく、それが大切な事なんだろう。



この陰険極まりない地震がさっさと収束し、一人でも多くの方が一刻も早く
「あの地震はひどかったなぁ」と思い出話、昔話へと記憶の深淵へ薄まって行き
不安の無い平穏な日々へ戻れますよう。










2016年4月4日月曜日

2016年1月 八重山旅行写真日記 その3

 


 さてと、沖縄県の八重山諸島、竹富島と石垣島の写真もこれでラスト。その3です。


その1はこちら。
その2はこちら。


色々な写真をしっちゃかめっちゃかに載せていきます。


※今回はかなり写真が多いので、音響カプラーなどを使って
ダイヤルアップの従量制でパソコン通信なさっておられる方は
データ量が多く、料金が高くなる可能性がありますのでご注意ください。





竹富島の西桟橋の写真
「竹富島 西桟橋」





竹富島の海と空の写真
「竹富島の海と空」






リュウキュウムラサキの写真
「リュウキュウムラサキ」


↑の写真は竹富島で撮った、多分「リュウキュウムラサキ」という種類の蝶です。

「メスアカムラサキ」という、これにそっくりな蝶々がいるんだけど、メスアカムラサキは
模様の丸がもう一回り大きいみたいです。

写真だとうまく撮れなくて、いつも白くなっちゃうんだけど、写真の青白いような丸い模様は
実際に肉眼で見ると、濃い青紫色で光ってて、もっともっともっともっと綺麗なんです。

蝶々がお好きな方は、是非現地に行って生で見て下さい!!






ベニモンアゲハの写真
「ベニモンアゲハ」



↑も多分「ベニモンアゲハ」という種類の蝶だと思うんだけど、
もし違ってたら教えて下さいm(_ _)m











針葉樹の葉に付いた雨滴の写真
「雨だれ I」





雨だれの写真
雨だれ II」





イシガキシジュウカラの写真
「イシガキシジュウカラ」


↑石垣島で暮らすイシガキシジュウカラさん。

内地のシジュウカラと違って背中の黄緑っぽい色がなく、首の黒い部分が若干多いです。
とは言え、写真を撮ってじっくり見比べないとわからないような違いなんだけども。

石垣島はヒヨドリなど内地で普通に見られる、一見なんでもないような鳥も
実は「イシガキヒヨドリ」という別種になり、見た目がわずかに違っていたりするので、
鳥好きさんは写真に撮って見比べてみたり、じっくり観察してみると面白いかもしれません。






雨の日のキセキレイの写真
「雨の日のキセキレイ」





雨だれの写真
「雨だれ III」





オオベニゴウカンの花とセイヨウミツバチの写真
「オオベニゴウカンとセイヨウミツバチ」


この辺でちょっと豆知識。

(※2016/04/10 追記

念の為に調べてみたら、セイヨウミツバチの中にも「カーニオラン種」などという
黒いミツバチがいるようです。・・・これだから生物の同定は・・・はぁ・・・( ;´Д`)

ともかく、そういう例外もある、という事も前提に、続きをお読み下さい)


↑の写真はオオベニゴウカンという花に寄ってきたミツバチの写真なんですが
ちょっと細かい話で、まぁ写真に撮らないとなかなか見分けがつかないかなぁ、と思いますが
これは「セイヨウミツバチ」と言って、明治時代に海外から養蜂のために輸入されたミツバチです。

日本には元々「ニホンミツバチ」という蜂が暮らしていて、こちらは
おしり全体が黒く、黄色の縞々がはっきりしています。

上写真のセイヨウミツバチはおしりの上半分ぐらいがかなり黄色いので、
じっとしている時によ~く見ると見分けがつきます。


ニホンミツバチは病気に強くおとなしいんだけど、蜂蜜を一年に一度しか採りにいかないし、
住環境が悪いとすぐどこかにバックレちゃうらしいんですね。

セイヨウミツバチは病気に弱くキレやすい性格なんだけど、一年に何度も蜂蜜を採りに行くし
家が気に入らないから、と勝手にバックレる事もないので、商売で蜂蜜作りをしている方は
基本的にセイヨウミツバチを飼っていらっしゃるようです。

(ニホンミツバチは趣味の蜂蜜作り程度の生産量、蜂蜜の販売価格は超高価らしいです)


従ってセイヨウミツバチがいると、近くで蜂蜜作りのお仕事をなさっておられる方がいるのかな、
という事がわかります。











マングローブのヒルギの写真
「一足お先に 前へ 前へ」






ヒルギの写真 その2
「みんなで 前へ 前へ」





みんなで川を渡る(?)ヒルギ達の写真
「みんなで川を わたるのだ!!」


べんせいぃぃぃ~~~~~~ しゅくぅぅぅしゅくぅぅ~~~~~~~

昼ぅ 川をぉぉ~~~~~~~~ 渡ぁるうううぅぅぅぅ~~~~~~♪(*´○`)o¶~~♪




喜んでいる(?)ヒルギの写真
「わーい わーい」





芽吹いたばかりのヒルギの写真
「これから これから」











沖縄旅行で雨の日に楽しい気分を運んでくれる奴らの写真
「雨の日の楽しみ 沖縄編」



せっかく沖縄に行って雨ザーザーでも、俺達には!!オリオンビールとピザポテトがあるっ!!!

真昼間からごきげんだ!!!

どの時代のどの王様よりも贅沢だ!!!

最高ですか?最高でぇ~~~~~っすΨ(`∀´)Ψヶヶヶ





石垣港の夕暮れの写真
「石垣港の夕暮れ」











ヤエヤマセマルハコガメの写真 1
「おいっす!!」



↑は今回出会ったちょっと珍しいお方、ヤエヤマセマルハコガメさん。

天然記念物に指定され、環境省のレッドデータブックで絶滅危惧II類になっています。


石垣島をドライブしていたら、ちょうど目の前で道路を横断し、
縁石で一段高くなっている歩道に上がろうとして段差を乗り越えることができず
ジタバタしていました。


ほっといて車にひかれたら嫌なのでとりあえず車を止めてカメを歩道に乗せてやり、

「さあて、お礼にネチネチと写真を撮りまくらせてもらおうか・・・・・・ククク・・・・・・」

と思っていたら猛烈な勢いでデデデ・・・と走りだして
あっという間に草やぶの中へ駆けこんでしまったので、まともな写真は全然撮れませんでした。


うむ。




ヤエヤマセマルハコガメさんの写真
「本気を出すと結構足が速い ヤエヤマセマルハコガメさん」



【今日の豆知識】本気を出したカメは、結構足が速い












ジッツオ トラベラー三脚 0型4段 GT0545Tの写真
「ジッツオ トラベラー三脚 0型4段 GT0545T」



↑うふうふうふうふ見て見て、ジッツオのトラベラー三脚、買っちゃったうふうふうふうふ(´ω`*)

我が輩の無駄遣いで噴き上がれ世界経済っ!!!


めっちゃ軽くて小さいから朝から晩まで全っっっ然邪魔にならないし
クルッ→スーッ→ピタッ、な脚伸ばしの気持ち良さも
ビクともしないカチッとした堅実っぷりももちろん相変わらずそのまま、
ストレスゼロで超最高!!超最高!!

強いて粗探しするとすれば、軽くて小さくて存在感なさすぎるから
どっかに置き忘れないよう注意しないとな・・・(;´∀`)

あと当たり前だけど、無茶苦茶軽いから強風が吹いてる所だと危なくて使えないと思います。


とにかく一度買っちゃえば何十年も使える物だし、迷ってる人はさっさと買っちゃって、
その迷ってる時間を一秒でも多く写真撮りに行く時間にあてた方が絶対楽しいよΨ(`∀´)Ψヶヶヶ





・・・というわけで、せっかくなので
ここでは三脚の必要性に関する話を少し書いてみようかな。

ちょっと難しい話です。




三脚は、今回の旅行中だけでも、曇った大雨の中や室内、夜間など
光が足りないシーンで早速すんごい大活躍してくれましたが、それだけではなく、
例えば↓の晴れた灯台の風景写真でも三脚を使用しています。


光もたくさん注いで明るいし、大きなレンズも使っていないのに、何故か。
その理由は・・・・・・




石垣島の平久保崎灯台の写真
「平久保崎灯台」



この灯台の写真はニコンの「AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G」という、
いわゆる「神レンズ」(このレベルのレンズは、こう呼んじゃってもいいよね)に
「サーキュラーPL(C-PL)フィルター」というフィルターを装着して撮影しました。

C-PLフィルターは空の濁りや水の反射などを除去、緑や風景をくっきり鮮やかに写しだすので
透き通る青い海などを撮るのに効果抜群のフィルターなんですが、
これを使うと、代わりにシャッタースピードが少し遅くなるんです。


上の写真を撮る時、まずは解像度の高いISO100にして、
次に遠くの風景をクッキリ撮る為に、なるべくピントの合う奥行き距離が深く
かつ解像度の高い絞り値の「f11」を選択した所、
カメラが「シャッタースピードは1/30秒で丁度良い明るさの写真が撮れるよ」と教えてくれました。



以前書いた事もあると思いますが、「手ブレしない限界のシャッター速度」の目安として
「1/レンズの焦点距離 秒」ぐらいがきわどい領域になってきます。


つまり今回の場合、レンズの焦点距離が24mmなので、シャッタースピードが1/30秒だと
手持ち撮影では手ぶれが発生するかもしれない、
手ブレとまではいかなくとも、わずかに甘い、眠い、
どこかなんとなくボンヤリした写真になってしまうかもしれない状況だという事です。


しかし、三脚にレリーズを使ったので手ブレの心配がなくなり、
ISO100のまま、安心してピリッとした写真が撮れました。


もちろんデジカメはその場でISO感度を上げればシャッター速度を上げる事ができますし
わしのDf号や最近のデジカメはみんなISO感度ゴリゴリ上げてもすんごい綺麗なんだけど、
ISO感度を上げていくと、どうしたってその分ノイズが入ったり、それをデジタル処理で
誤魔化したり、という無理が写真の中に紛れ込んでしまうわけで、

素晴らしい場所へ素晴らしいカメラを持って行き、
抜けの良いピリッとした写真が撮りたいなぁ、と思うなら、
(ご自分の気持ちが許せる範囲で)三脚を持って行くと、
より気持ち良い、楽しい写真が撮れると思います、うん。


もちろん上述した通り、雨、夜、室内、光が足りない所でも平気で撮影できるし
スローシャッターも使えるようになって撮影の幅が一気に広がりますし、
撮影先での手間はその場だけの事だけど、良い写真は一生の記念になりますもんね、うん。



買っちゃえ買っちゃえΨ(`∀´)Ψヶヶヶ











沖縄 那覇空港 飛行機の集会所の写真
沖縄 那覇空港 飛行機の集会所」


↑今回最後の写真、沖縄那覇空港にて。

すごくカラフルな飛行機達がズラッと勢揃いしてて、綺麗だよね!!
沖縄の開けた空気感に、これらの機体の鮮やかさが、実によく似合うんだよなぁ~。


オタクなので、一応、それぞれの飛行機の解説を軽くしておきます。


まず一番手前にいる明るいグリーンの尾翼は日本のソラシドエア。
2015年までは「スカイネットアジア航空」という会社名でした。
機体は信頼と実績のボーイング737だね。


お次は・・・右奥にいる機体、黄緑色に青と紫の蝶々のマークは韓国のジンエアーです。
機体はボーイング737-800。
大韓航空の子会社で、2007年に設立された若い会社ですね。


ジンエアーの左隣にいる青に黄色い星の尾翼は日本の航空会社、スカイマーク。
機体はこれまたボーイング737-800ですな。
一時期「A380を買って成田~ニューヨーク間を飛ばすんだぜ!」なんて
漢(おとこ)の浪漫が大爆発な話がありました。
いつか実現するといいね。


そしてスカイマークの左後ろにいる赤に黄色の尾翼は香港航空。
機体はエアバスのA330です。
中国の海南航空グループなんだそうで、中国と欧州の仲良しっぷりを見せつけるかのように
現在は28機すべての機体が欧州のエアバス社製、米ボーイング製は一機もないようです。


最後にソラシドエアの737の左後方にいるのが韓国、アシアナ航空のエアバスA320。
アシアナ航空は機内で乗務員さん達がマジックショーやタロット占いをしたり
ファッションショーにラテアートなど、お客さんを楽しませるために頭ひねって
個性的なサービスをたくさん行っている、ずいぶん面白い会社のようです。









これにて2016年1月、八重山旅行の話は終わりです。


あぁ、何度行っても和むぅ~(´▽`)はぁぁ・・♪(うっとり)
どうしてあんなに、心の波長が合うんだろうか・・・・・・

なんかもう、「旅行」というより「帰省」というような気分になってきました(笑)